2014年05月11日

『だから月光』

夜空を見ながら

夜空を見ながら地下鉄に入っていく

夜空を見ながらバスに乗る

夜空はどんなときも僕の友達だ



月が僕の心臓をたたく

1日の終わりに僕は夜空を見ながらコンビニエンスストアに入り、週刊誌を買う

1日の終わりに汚れた僕を洗い磨くために月の光を浴びる




夜空を見ながら携帯電話をかける

夜空を見ながらおにぎりを食べる



せめて夜ぐらいは清らかに寝ていたい

だから僕は月の光を浴びながらドアを開ける



posted by ホーライ at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ホーライの詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『子どもたちよ、無垢な心を捨てなさい』

子どもたちよ

その苦しみを乗り越えてきなさい

正直すぎる責任感と無垢な真面目さ

それらを乗り捨ててきなさい

世の中は驚くほど寛大だから

世の中はうんざりするほど殺伐としているから


正直すぎる責任感は自分を傷つける

無垢な真面目さは自分を崩壊させる

だから、心をタフにしないといけない

だから、体を身軽にしないといけない


子どもたちよ

その悩みを乗り越えてきなさい

今すぐに

もう親の私たちにはあまり時間が無いのだから

posted by ホーライ at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ホーライの詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

『聖夜』

『聖夜』

この惑星に住む「きみ」と、この惑星以外に住んでいる「きみ」に。

過去に生きたあなたと、今生きているあなたと、未来に生きるあなたに。

僕と繋がっている人だけでなく僕に繋がっていない人にも。



東の国の人にも、西の国の人にも。

南の国の人にも、北の国の人にも。

壁の向こうの人と壁のこちらの人に。



銃口を向けられている女の子と銃口を向けている戦士にも。

全ての人に。

夜空を見上げ。

Merry Christmas!


ホーライ



posted by ホーライ at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ホーライの詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。